2008年9月9日火曜日

イースター島に行ってみたい


イースター島はチリの首都・サンディエゴから西へ3,700キロ――まさに絶海の孤島と呼ぶにふさわしい場所に位置する。ここで独自の文化が生まれ、巨大なモアイ像がたくさん建造された。このモアイ像がなんの目的で作られたのかというのは、他の遺跡と同様、よくわけらないんだけど、それよりも、どのようにして運ばれたのかが謎とされている。なんせ絶海の孤島である。古代エジプトみたいにたくさん人がいたわけじゃないし、技術力もそう高くなかったはずだ。いったいどのようにしてあんな大きく重たいものを運んだのか。現地の伝説では、モアイは自分で歩いた――とされているのだという。たぶん、そうなのだろう。

◆読みたい◆
写真でわかる謎への旅 イースター島
イースター島の謎
イースター島の悲劇―倒された巨像の謎

2 件のコメント:

RUB A DUB さんのコメント...

イースター島はとても惹かれますね~!
最近、落書きとかされちゃうこともあるみたいです(泣)
よしださんのブログ見てると、旅心がうずうずして危険です(笑)とりあえず働かなくちゃ~

吉田真吾 さんのコメント...

落書きはどこでもありますよね。心ない人はどこにでもいます。でも落書きしたくなる気持ちは解らないでもない。だから、「落書き板」みたいのを設置したらどうかと思うのです。ここに好きなだけどうぞと。で、それをちゃんとアーカイヴする。そしたら、それはそれで貴重な資料になるんじゃないですかね。