2008年9月2日火曜日

ピサの斜塔に行ってみたい


イタリア北部にあるピサ大聖堂の鐘楼、通称「ピサの斜塔」に行ってみたいのは、もちろん、倒れそうだからだ。だけど、一時は倒壊の危険から観光客らの立ち入りが禁止されていたが、大々的に工事が行われ、いまでは、あと300年くらいは大丈夫だといわれているそうだ。そうなると、まだ行かなくてもいいか――と思ってしまうのが人の心性だから、イタリアの観光局は、安全宣言なんかせずに、もうヤバい!もうヤバい!と危機をアピールすべきだと思う。

◆読んでみたい◆
それでもピサの斜塔は倒れない―知れば誰かに話したくなる地中のこと
探偵ガリレオ
三面記事で読むイタリア

2 件のコメント:

one big road さんのコメント...

300年も持つんですね~。
ヨーロッパはどうしても費用が高くて中々手が出せずです(笑)
ピサの斜塔は、見たい場所ですね!

吉田真吾 さんのコメント...

らしいですよ。でも、あれがあの角度でそんなにもつとは思えませんよね。いまにも倒れそう。